ポルトガル王国 1783 4エスクード マリア1世&ペドロ3世

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:685315

発行国:
ポルトガル 
発行年:
1783 
額面:
4エスクード(ペカ) 
サイズ:
32mm 
重量:
14.3g 
表面図柄:
マリア1世&ペドロ3世 
裏面図柄:
ポルトガル王国装飾盾紋章 
金性:
K917 
資料:
KM281 
状態:
EF-  

 18世紀末のポルトガル王国にて発行された4エスクード金貨。当時の4エスクード金貨は、通称「ペカ金貨」と呼ばれ、ポルトガルにおいて最も高額面の貨幣でした。

 表面には、当時のポルトガル女王 マリア1世(在位:1777年~1816年)と、夫にして共同統治王 ペドロ3世(在位:1777年~1786年)の胸像が並んで表現されています

 この金貨が発行された3年後に夫のペドロ3世が崩御すると、マリア1世は単独の統治者となりましたが、この頃から精神状態が不安定となり始めました。やがて王子の死やフランス革命の勃発など、相次ぐ混乱から精神錯乱状態となり、政務を執り行うことが完全に不可能となりました。
 しかし、女王としての地位は保持され続け、ナポレオン軍による侵攻や王宮、政府のブラジル植民地移転の際もポルトガル女王であり続けたのです。その後はポルトガル本国に帰還することなく、81歳で遠くブラジルの地で崩御しました。

 金貨の表面には、在りし日の女王、国王夫妻が表現されています。薄手の金貨ですが、豪華な装飾に満ちた美しいデザインです。女王の髪型やドレスは、18世紀末のポルトガル宮廷で流行したスタイルと考えられます。裏面に表現された、ポルトガル王国の豪華な紋章、うろこ状になった縁(エッジ)など、金貨の価値をより高める効果があるようです。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ