古代ローマ デナリウス銀貨 ジュノー女神

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:270356

発行国:
ローマ共和政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
BC80 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
ジュノー女神 
裏図柄:
ビガのジュノー女神 
サイズ:
19mm 
重 量:
3.93g 
資 料:
RSC Procilia 2 
状 態:
VF scratches 

 紀元前1世紀、共和政時代の古代ローマで発行されたデナリウス銀貨。縁の部分に付けられている無数の切り込みは「Serratus (セラトゥス)」と呼ばれ、ラテン語で「ギザ」を意味します。この切り込みは削り取りなどの変造、またはメッキによる偽造を防止するために付けられたと考えられています。


       270356_3.jpg



 コインにはジュノー(ユノー)女神像が表現されています。ジュノーはギリシャ神話のヘラに相当する女王神であり、大神ジュピター(ユーピテル)の正妻とされました。山羊の毛皮を被った姿は「ユノー・ソスピタ(=救済のジュノー)」と呼ばれ、古代ローマでは女性や子どもたちを守護する女神の姿とされていました。紀元前197年にユノー・ソスピタに捧げる神殿の建立が誓願され、3年後の紀元前194年にローマ市内のフォルム・ホリトリウムに建立されました。

            Junoang.jpg

                        ジュノー女神像
             ヴァチカン美術館所蔵。コインと同じく山羊の毛皮を纏った姿。



 ジュノーは最高位の女神であり、多くの女神達を従える姿で表現されてます。時には王笏を手にし、自らの聖鳥である「孔雀」を引き連れた堂々たる姿で表現されることもあります。こうした力強いジュノーの姿と権威は、社会的地位の低かった現実の古代ローマ社会の女性達にとって心強い味方でもありました。6月はジュノー女神の月とされ、英名の「June」は女神の名前に由来しています。この月に結婚式を挙げた花嫁はジュノー女神の加護を受けられるとして、現在にも続く「ジューンブライド(六月の花嫁)」伝説が生まれたのです。

    Junoandruna.jpg

                      天上のジュノー女神
        豪華な御車に乗り、二羽の孔雀に引かせた姿。先導役を務めるのは月の女神ルナ。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 時短営業日

お探しコイン

ショップコンセプト2021

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

お探しコイン 問い合わせフォーム

コインケース保証書

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

2k540

バナー

ページトップへ