アレキサンダー(ヘラクレス)/ゼウス神

価格: ¥132,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:268766

発行国:
古代ギリシャ 
地方名:
マケドニア王国 
都 市:
アンフィポリス 
発行年:
BC315-BC294 
額 面:
テトラドラクマ 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
アレキサンダー(ヘラクレス) 
裏図柄:
ゼウス神坐像 
サイズ:
24.7mm×24mm 
重 量:
17.06g 
資 料:
Price468 
状 態:
VF toned 

 テトラドラクマ(=4ドラクマ)は主に交易などで用いられていたと考えられています。アレキサンダー大王はアテネで発行されていたテトラドラクマ銀貨、通称「フクロウコイン」の基準を基にして、自らの名を刻んだコインを征服した各都市で発行しました。大量に発行された銀貨は大王が築いた大帝国の共通通貨として、ギリシャからオリエントまで広く流通しました。この銀貨は品位が高かったため信用度も増し、交易における決済通貨として浸透していきました。そのため大王亡き後も200年以上各地で製造され続け、東西の文化・経済の交流に大きな役割を果たしたのです。


 表面にはライオンの毛皮を被った神話上の英雄 ヘラクレスの横顔像が打ち出されています。この若きヘラクレス像はアレキサンダー大王(アレクサンドロス3世 在位:BC336年~BC323年)をモデルにしていると考えられています。
 少年時代の大王はヘラクレスに強く憧れていたと云われ、自らを「ヘラクレスの末裔」と自称していました。その為、コイン上にはヘラクレスのイメージと重ね合わせた、自身の肖像を表現させたとみられています。

     Alexander.jpg

             ヘラクレスに扮するアレキサンダー大王像 (後世の作品)


 裏面には大神ゼウスの坐像が表現されています。玉座に腰掛けるゼウス神は王笏を支え、右手上には聖鳥である大鷲を載せています。左下には造幣都市アンフィポリスを示す「Λ」のモノグラム銘と松明、玉座の下部には杯が配され、右側にはアレキサンダーを示す「ΑΛΕΞΑΝΔΡΟΥ」銘が確認できます。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 時短営業日

お探しコイン

ショップコンセプト2021

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

お探しコイン 問い合わせフォーム

コインケース保証書

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

2k540

バナー

ページトップへ