マクシミヌス・トラクス帝/フィーデス女神

通常価格: ¥27,500(税込)
10% OFF: ¥24,750 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:266915

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD235-AD236 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
マクシミヌス1世(マクシミヌス・トラクス) 
裏図柄:
フィーデス女神立像 
サイズ:
19mm 
重 量:
2.91g 
資 料:
BMCRE1/RSC7/RIC IV 7a 
状 態:
VF+ 

 表面には面長のマクシミヌス帝(在位:AD235年~AD238年)の胸像が打ち出されています。マクシミヌス帝はもともとトラキア出身の農民であり、兵士として出世した人物でした。その出自から、元老院や貴族、ローマ市民からは「マクシミヌス・トラクス(トラキアのマクシミヌス)」と渾名されました。
 マクシミヌスは怪力自慢の大男であり、身長は2m50cmもあったと伝えられています。武勇に優れ、兵士からは厚い支持を集めましたが、軍事行動の資金を集めるために市民の財産を強制的に徴収するなどの暴政を行いました。ついに元老院から「公敵」と宣言された後、ローマへ進軍する途上で暗殺され、その治世を終えています。
 『ローマ帝国衰亡史』を著したエドワード・ギボン(1737年~1794年)は、マクシミヌス帝を「文明人どころか人間としての心情すら完全に欠如した野獣的暴君」と評しています。


 裏面のフィーデスは「信仰」「忠誠」を具現化した女神とされ、ローマでは「国家への献身と忠誠」を象徴する女神像として国家規模で崇拝されました。カピトリウム丘の神殿では外国との条約が締結された際に、「信義の文書」として壁に掲示されたと云われています。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 時短営業日

お探しコイン

ショップコンセプト2021

フジタクブログ

twitter

LINE

facebook

instagram

お探しコイン 問い合わせフォーム

コインケース保証書

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

2k540

バナー

ページトップへ