ルキラ妃/ピュディキティア女神

価格: ¥38,500 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:261293

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD164-AD169 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
ルキラ妃 
裏図柄:
ピュディキティア女神坐像 
サイズ:
18.5mm 
重 量:
3.23g 
資 料:
RSC62 
状 態:
VF+ toned 

 このデナリウス銀貨はマルクス・アウレリウス帝とルキウス・ウェルス帝の共同統治期に、ローマ市内の造幣所で造られました。裏面に表現されたピュディキティアは女性の貞淑を象徴する女神像であり、ローマ人女性の模範とされる観念を具現化しています。


 ルキラはルキウス・ウェルス帝の妃であり、マルクス・アウレリウス帝の長女でした。また暴君として知られるコンモドゥスの姉にあたります。
 父帝マルクス・アウレリウスは義理の弟を共同統治帝に任じた後、その関係性をより強固なものにするため、15歳のルキラを義弟に嫁がせました。結婚から5年後にルキウスが亡くなると、側近だったティベリウス・クラウディウス・ポンペイアヌスと再婚、AD180年に父帝が亡くなってからは皇帝コンモドゥスの姉として影響力を保ちました。しかしAD182年、夫と企てたコンモドゥス暗殺計画が露呈し、人間不信に陥った弟によってローマから追放、流刑先のカプリ島で生涯を終えました。一説には処刑されたとも云われています。

 高貴な生まれと悲劇的な最期から、ルキラは後世の創作物語の中ではヒロインとして描かれることが多く、映画『ローマ帝国の滅亡』(1964)や『グラディエーター』(2000)では物語の重要な役どころとして登場します。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 時短営業日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

ショップコンセプト2021

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

2k540

ページトップへ