コンスタンティヌス大帝/太陽神ソル

価格: ¥33,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:254868

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
トレヴェリ 
発行年:
AD310-AD313 
額 面:
フォリス 
金 性:
AE 
表図柄:
コンスタンティヌス1世 
裏図柄:
太陽神ソル 
サイズ:
22mm 
重 量:
4.54g 
資 料:
RIC VI 890 
状 態:
EF- 

 4世紀初頭、コンスタンティヌス大帝治世下の古代ローマ帝国で発行された小型青銅貨。

 表面には月桂冠を戴くコンスタンティヌス1世(在位:AD307-AD337)の軍装胸像が表現されています。周囲部には「IMP CONSTANTINVS AVG (最高司令官コンスタンティヌス帝)」銘が配されています。

 裏面に表現された太陽神ソルはローマ軍に戦勝をもたらす守護神とされ、当時は多くの兵士たちによって信奉されていました。後にキリスト教の発展と確立にも影響を与えたと云われています。このタイプでは表面の皇帝像と同じ横顔像であり、顔つきは幼い子どものように表現されています。コンスタンティヌス1世の息子クリスプスに重ねた肖像とも考えられ、比較的珍しいタイプです。


              constantinus.jpg

                 コンスタンティヌス1世の巨大頭像


 コンスタンティヌス1世は分裂上にあったローマ帝国を再統一し、強力な軍事力と政治力、類稀なカリスマ性をもって帝国を統治しました。新都コンスタンティノポリス建設や初のキリスト教公認、異民族との戦いなどから、後世には「大帝」と称されています。特に彼自身も晩年にキリスト教の洗礼を授かり、初のキリスト教徒皇帝になったと云われるほど、キリスト教徒にとっては英雄視された人物です。

 コンスタンティヌス1世の登場は、ローマ帝国とその後のヨーロッパ、西洋の歴史に大きな影響を与えました。特にキリスト教を公認化したことは、世界史上の大きな転換点と認識されています。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ