エラガバルス帝/サルース女神

価格: ¥23,100 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:253953

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD219 
額 面:
アントニニアヌス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
エラガバルス帝 
裏図柄:
サルース女神立像 
サイズ:
23mm 
重 量:
4.32g 
資 料:
RSC254/RIC IV 138 
状 態:
VF 

 3世紀初頭、セウェルス朝時代の古代ローマ帝国で発行されたアントニニアヌス銀貨。カラカラ帝の治世下に発行が開始されたアントニニアヌス貨は、名目上デナリウス銀貨2枚の価値に相当するとされました。エラガバルス帝の治世下では即位直後の初年~二年目だけ造られ、その後は発行されなかったとみられています。

 表面には光の冠を戴くエラガバルス帝 (ヘリオガバルス帝 在位:AD218年~AD222年)の若き胸像が打ち出されています。「エラガバルス」や「ヘリオガバルス」という名は、シリアの司祭長であった皇帝が信仰していた東方の太陽神に由来する渾名です。実際には偉大なる五賢帝にあやかって「マルクス・アウレリウス・アントニヌス・ピウス帝」と名乗っていました。

  Heliogabalus.jpg

 わずか14歳で即位した少年皇帝は、その恭しい帝号に反して艶聞が多く、派手と贅沢を愛した人物として記録されています。ローマの宮廷では豪華な宴会が頻繁に催され、妖しげな男女が出入りするようになりました。ある時には趣向として高級なバラの花を大量に宴会場にばら撒き、出席者を圧死させたという伝説まで生まれました。

 エラガバルス帝の短い治世下、ローマにはありとあらゆる性的趣向や悪癖がはびこり、風紀は大いに乱れたと云われています。またこの少年皇帝には女装趣味があるだけでなく、医師に相談して性転換の方法を検討させていたとも伝えられています。「卑しき身分の男性を自らの『夫』にしていた」「自ら娼婦としてローマ市内の娼館に通っていた」など、真偽も判然としない噂は多く記録されていますが、少なくともこの少年皇帝の評価が当時から低かったことは間違いないようです。


 裏面には健康と衛生の守護女神サルースが表現されています。国家安寧の女神としても奉られたサルースは歴代皇帝達のコイン裏面に頻繁に登場しました。このコインでは女神がクスシヘビに餌を与える様子で表現されています。女神の衣装や髪型、顔つきだけでなく、ヘビの鱗や目までも確認できる、良好な保存状態です。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ