パルティア王国 オロデス2世/射手

価格: ¥27,500 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:246115

発行国:
パルティア王国 
造幣都市:
エクバタナ 
発行年:
BC40 
額 面:
ドラクマ 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
オロデス2世 
裏図柄:
射手(アルサケス1世)坐像 
サイズ:
20mm 
重 量:
3.9g 
状 態:
VF+ 

 紀元前1世紀半ばのパルティア王国で発行されたドラクマ銀貨。アルサケス朝の夏の宮廷が置かれた都市エクバタナ(現在のイラン東部 ハマダーン市)で造られました。

 パルティアは現在の中央アジア~イラン~イラクに至る広大な地域を支配した大国であり、しばしばアルメニアやメソポタミアなどを巡ってローマと対決しました。古代オリエントの強大国でしたが、国内はいくつかの従属国からなっており、その文化は遊牧民的要素とギリシャ的要素を組み合わせたヘレニズム様式でした。
 パルティアは中国とローマを結ぶ東西交易路「シルクロード」の重要な通過点として4世紀以上にわたって繁栄し、経済活動の活発化で多くのコインを発行しました。しかし国内の内乱やローマとの戦争によって国力は衰退し、やがてイラン高原に興ったササン朝によって滅ぼされました。パルティアの遺跡や芸術などの遺産は比較的少なく、現存しているものを目にすることは容易ではありません。最も多く残されたコインは、当時の繁栄と歴史を今に伝えています。

 Hatra.jpg

               パルティア時代の神殿『ハトラ遺跡』 (イラク)

 ※パルティアの要衝として繁栄した、メソポタミア地方の古代都市遺跡。当時よりローマ軍の攻撃を受けていたが、近年はイラク戦争やIS(イスラム国)による占領などでさらに破壊され、現在は「世界危機遺産」に登録されている。


 コインの表面には、ダイアデム(王権を示す帯)を巻いたオロデス2世(在位:BC57年~BC36年)の横顔肖像が打ち出されています。左上には輝く星(または太陽)、右上には三日月が配されているのが確認できます。
 オロデス2世はローマ軍との戦いにおいて、ローマ三頭政治の一人クラッススを敗死させた王として知られます。

 裏面には弓を手にした射手の坐像が表現されています。この射手像は、アルサケス朝の始祖であるアルサケス1世とされています。その周囲部には、非常に細かい文字で「ΒΑΣΙΛΕΩΣ ΒΑΣΙΛΕΩΝ ΑΡΣΑΚΟΥ ΕΥΕΡΓΕΤΟΥ ΔΙΚΑΙΟΥ ΕΠΙΦΑΝΟΥΣ ΦΙΛΕΛΛΗΝΟΣ (諸王の王アルサケス 正義をなす善人 栄光に輝くギリシャの愛好者)」の銘が刻まれています。この銘文からも、遊牧民出身のアルサケス朝が、ギリシャ文化を公式に継承していたことが分かります。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ