アレクサンデル・セウェルス帝/ジュピター神

価格: ¥37,800 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:239018

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD232 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
アレクサンデル・セウェルス帝 
裏図柄:
ジュピター神立像 
サイズ:
20mm 
重 量:
3.07g 
資 料:
RSC84/RIC IV 239 
状 態:
EF- 

 3世紀、セウェルス朝時代の古代ローマ帝国で発行されたデナリウス銀貨。極印の打ち出しは大変良く、保存状態も大変良好なおすすめの一枚です。


 コインの表面には、月桂冠を戴くアレクサンデル・セウェルス帝(在位:AD222年~AD235年)の横顔肖像が打ち出されています。その姿は短髪に刈り上げられた、青年皇帝として表現されています。アレクサンデル・セウェルスは即位時にまだ11歳でしたが、優秀な側近と母親に補佐されながら帝国を統治しました。また皇帝本人も実直で穏やかな人物だったとされ、カラカラ帝暗殺後、混乱していたセウェルス朝下のローマ帝国は一応の安定をみました。しかしペルシア遠征の途上で軍の叛乱に遭い、母親と共に暗殺されました。こうしてセプティミウス・セウェルスからはじまり、ゲタやカラカラなどを輩出したセウェルス朝は断絶し、ローマ帝国は「3世紀の危機」と称された軍人皇帝時代を迎えるのです。
 なお、アレクサンデル・セウェルス帝の時代は日本での弥生時代にあたり、邪馬台国の女王 卑弥呼が活躍した時期にあたります。

 裏面には大神ジュピター(ユーピテル)の立像が表現されています。裸のジュピター神は衣を翻しながら、右手でケラウノス(雷霆)を持ち、左手上に大鷲を乗せています。まるで踊っているかのような動きのある姿であり、興味深い表現方法です。ジュピター神の腹筋や顔つき、衣の襞や大鷲の姿までしっかりと打ち出されており、ほとんど使用されていないまま残されています。これほど細部まで美しく、またはっきりと残されたものは希少です。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ