大ファウスティナ妃/クジャク

価格: ¥32,400 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:238493

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD141-AD161 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
大ファウスティナ妃 
裏図柄:
クジャク 
サイズ:
18mm 
重 量:
3.08g 
資 料:
RIC384(Pius) 
状 態:
EF 

 2世紀半ば、アントニヌス・ピウス帝治世下の古代ローマ帝国で発行されたデナリウス銀貨。表面には皇妃ファウスティナの横顔肖像が打ち出されています。ファウスティナは同名の娘との混同を避けるため、便宜的に「大ファウスティナ」「小ファウスティナ」、または「ファウスティナ1世」「ファウスティナ2世」などと呼ばれます。

 このコインはファウスティナが崩御した後に、夫であるアントニヌス・ピウス帝の治世下で発行されました。肖像の左側に配された「DIVA」銘は神君を示し、崩御後に神格化されたことを示しています。愛妻家だったアントニヌス・ピウス帝は皇妃の亡き後もその存在を思い続け、神格化された女神としてファウスティナがコインに表現され続けたと云われています。


 裏面にはクジャクが表現されています。古代ローマにおいてクジャクは女神ジュノー(ユーノー)の聖鳥として認識されていました。

 ジュノーは最高位の女神であり、ギリシャ神話のヘラに相当します。時には王笏を手にし、自らの聖鳥である「クジャク」を引き連れた堂々たる姿で表現されることもあります。こうした力強いジュノーの姿と権威は、社会的地位の低かった現実の古代ローマ社会の女性達にとって心強い味方でもありました。

 帝政時代には皇帝を最高神ジュピター(ユーピテル)に、皇妃をその妻ジュノーに見立てる皇帝信仰が広まり、その過程でジュノーは皇妃の象徴であり守護神とされました。皇妃のコインは各時代に盛んに発行されましたが、その裏面にはジュノーやその聖鳥であるクジャクも共に表現されています。


    Junoandruna.jpg

                      天上のジュノー女神
        豪華な御車に乗り、二羽の孔雀に引かせた姿。先導役を務めるのは月の女神ルナ。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ