ビザンチン帝国 ソリダス金貨 ヘラクレイオス親子

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:229057

発行国:
ビザンチン帝国 
造幣都市:
コンスタンティノポリス 
発行年:
616-625 
額 面:
ソリダス 
金 性:
AV (Gold) 
資 料:
Sear738/Fr105 
表図柄:
ヘラクレイオス1世&ヘラクレイオス・コンスタンティノス 
裏図柄:
祭壇十字架(アークエンジェルクロス) 
サイズ:
21mm 
重 量:
4.44g 
状 態:
EF- scrapes on obverse, some doubling on reverse. Wonderful portraits. 

 7世紀初頭、ヘラクレイオス朝時代のビザンチン(東ローマ)帝国で発行されたソリダス金貨。当時のソリダス金貨は、薄手ですがほぼ純金で造られており、品位や重さも一定していたことから交易用に多く用いられました。柔かい金を薄く打ち出している為、特に肖像などが磨耗しやすく、細部まで残されているものは希少です。この金貨の場合も、表面の2時の位置に打ち跡が見られます。しかし皇帝親子の肖像は明瞭に残されており、希少な状態といえます。

 表面には皇帝ヘラクレイオス1世(在位:610年~641年)と息子ヘラクレイオス・コンスタンティノス(後のコンスタンティノス3世)が並ぶ肖像が打ち出されています。このタイプの肖像は発行年代が下がるにつれて、ヘラクレイオス1世の頬髯が伸び、コンスタンティノスが成長してゆくという、興味深い変遷を見せています。皇帝親子は十字架が据えられた宝冠と法衣を身に纏い、さらに頭上には小さな十字架が配されています。磨耗がほとんど見られない、素晴らしい打ち出しの肖像です。


 ヘラクレイオスは暴君と云われたフォカス帝に反旗を翻し、自ら皇帝に即位して「ヘラクレイオス朝」の始祖となりました。彼の治世下で、ローマ帝国以来公用語だったラテン語に代わってギリシャ語が公用語となり、東ローマ帝国はギリシャ文化を背景とするビザンチン帝国へと変化してゆきました。

 ヘラクレイオス帝の時代、ササン朝ペルシアのホスロー2世がビザンチン領への侵攻を開始し、アラビアからは新興のイスラーム軍が急速に勢力を拡大させました。ヘラクレイオスは前線で自ら指揮して尽力するも、最終的にシリアやエジプトを喪失することとなります。ヘラクレイオスがシリアから撤退する際に口にしたとされる「シリアよさらば!なんと素晴らしい地を敵に渡すことか!」という台詞は、後世の脚色などから広く知られています。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ