アレキサンダー(ヘラクレス)/ゼウス神

価格: ¥162,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:227947

発行国:
古代ギリシャ 
地方名:
マケドニア王国 
都 市:
アンフィポリス 
発行年:
BC320-BC317 
額 面:
テトラドラクマ 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
アレキサンダー(ヘラクレス) 
裏図柄:
ゼウス神坐像 
サイズ:
25mm×24.45mm 
重 量:
17.17g 
資 料:
Price133 
状 態:
EF- toned 

 紀元前4世紀の古代マケドニア王国で発行されたテトラドラクマ(=4ドラクマ)銀貨。両面とも見事に打ち出されており、全体には上品なトーンがかかっています。細部まで美しく現存する、稀少な保存状態の一枚です。


 紀元前4世紀の古代マケドニア王国は、アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世 在位:BC336年~BC323年)の登場によってわずか10数年で世界的な大帝国にまで発展しました。ギリシャ全土を統一した後、小アジア、エジプト、シリア、ペルシャまでを征服し、果てはインドにまで遠征を行った大王は、「世界征服」という壮大な野望を抱いていました。

     アレキサンダー大王像

               『名医フィリッポスとアレキサンダー大王』

 その世界統一事業の要の一つは、支配した地域の通貨を統一し、交易の促進を図ることでした。マケドニア王国は、ギリシャ最大の経済強国であったアテネの通貨基準「アッティカ標準」のコインを採用し、ギリシャ~バビロニアにいたる広大な地域で統一基準のコインを大量に造ったのです。そのため、テトラドラクマ銀貨はアテネの「アテナ神/フクロウ」のテトラドラクマとほぼ同じ重量で造られています。
 尚このコインは、マケドニア海軍の重要基地が置かれたアンフィポリスで造られました。

 表面には獅子の毛皮を被り、神話上の英雄ヘラクレスに扮したアレキサンダー大王が表現されています。マケドニアのアルゲアス朝はヘラクレスを祖先に持つとされ、またアレキサンダー自身も神話上の英雄に対して強い憧れを抱いていました。そのため、コインには自身とヘラクレスのイメージを重ね合わせた姿を刻ませたとみられています。

 裏面には大神ゼウスの坐像が表現されています。頬髯の豊かな顔つき、筋骨隆々とした肉体も明確に打ち出されています。ゼウス神はヘラクレスの父親とされ、またギリシャ神話における神々の王とされています。ゼウス神の右手上には鷲、下部にはイルカが配されている他、右側にはアレキサンダーの名銘「ΑΛΕΞΑΝΔΡΟΥ」が刻まれています。

 この銀貨はアレキサンダー大王亡き後、フィリッポス3世とアレクサンドロス4世の共同統治期に造られました。アレキサンダー大王が発行を開始したコインは帝国の基軸通貨として広く受け入れられ、大王亡き後も同様のデザインで発行が継続されました。その後、ローマによるギリシャ世界征服に至るまでの「ヘレニズム時代」は、このタイプのコインが最も普遍的な基軸通貨として、かつて征服地だった各都市で造られ続けたのです。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ