テュケ女神/狼とロムルス&レムス

価格: ¥32,400 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:225998

発行国:
ローマ帝国政 
地方名:
アレクサンドリア・トロアス 
発行年:
AD253-AD268 
額 面:
AE20 
金 性:
AE 
表図柄:
テュケ女神 
裏図柄:
雌狼とロムルス&レムス兄弟 
サイズ:
20mm 
重 量:
4.53g 
状 態:
VF 

 3世紀半ば、ローマ帝国統治下の小アジアで造られた銅貨。帝政ローマ時代、主に小アジアの都市で発行された銅貨の内、時の皇帝や皇族を表面に刻まず、土着の神や女神を打ち出したタイプのコインを「Pseudo-autonomous(擬似自治)」と称します。トロアスのアレクサンドリアは、かつてトロイがあった地域にアレキサンダー大王が建設した都市であり、現在はダルヤンと呼ばれる地域です。ダーダネルス海峡の付近にBC334年頃に建設され、当時は「アレクサンドリア・トロアス」と称されていました。


 表面のテュケは「運命」を司る幸運と機会の女神であり、ローマでは「フォルトゥーナ」の名で崇敬を集めました。古代ギリシャ・ローマで広く知られたテュケ(フォルトゥーナ)は人々に幸運をもたらす女神とされていました。一方で、移り気な性格でもあり、幸運を与える人間の性質を問わず、女神が気に入った人間に「好機」を与えることもあれば、気まぐれに奪い去ることもあるとされていました。その為、ローマ時代以降に表現されたフォルトゥーナ像は目隠しをされていたり、不安定なことを象徴する球に乗せられている例が見受けられます。

    Fortuna.jpg


 このコインに表現されたテュケ女神は、城塞風の特徴ある冠を戴いています。これはテュケ女神が都市の守護女神であることを示しており、またその役割を期待したものであると考えられています。



 コインの裏面には、ローマ建国神話に登場する重要な一場面、幼きロムルスとレムスに乳を与える雌狼が表現されています。テヴェレ川から流れ着いた幼い双子を助けたのは、近くを通りかかった一匹の雌狼でした。

     Lupa.jpg

 この有名なモティーフはローマ本国をはじめ、帝政時代は属州で発行されたコインにも盛んに採用されました。ローマ本国から遠く離れた地域であっても、ローマ帝国の支配力を誇示する必要があったのかもしれません。特に小アジア西部の都市で発行された銅貨の裏面には、このモティーフを取り入れたものが多く発見・確認されています。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ