ヤヌス神/クァドリガのジュピター神

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:224250

発行国:
ローマ共和政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
BC225-BC212 
額 面:
ディドラクマ 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
ヤヌス神 
裏図柄:
クァドリガのジュピター神 
サイズ:
20mm 
重 量:
5.61g 
資 料:
RSC23 
状 態:
EF- 

 紀元前3世紀当時、イタリア半島南部にはギリシャ人植民都市が数多くあり、ギリシャ本土に倣ったドラクマ幣制を採用していました。これらの植民都市は既にローマの影響下にありましたが、交易関係を重視したローマは自国においてもドラクマのコインを発行しました。
 「ディドラクマ」とは2ドラクマを示し、ドラクマ銀貨2枚分の価値であることを表します。デナリウス幣制が採用される以前の、初期のローマコインです。


         Janusseated.jpg

 コインの表面には双顔の神ヤヌスの若々しい肖像が打ち出されています。古代ローマではヤヌス神を「出入口」を守護する神として、家や公共施設などの建物の門の上にレリーフを飾ったとされます。また転じて「始まりから終わりまでを司る神」として祀り、年末年始には供え物を行ったとされています。王政時代、一年の最初の月を「ヤヌスの月」と定めたことにより、暦上「ヤヌス月」=「January(一月)」が定着し、現代までその名が引き継がれています。
 ローマでは市内にヤヌス神を祀る「ヤヌス神殿」を建立し、ローマが戦時体制にあるときは開いておいたとされています。逆に、ヤヌス神殿の扉が閉じられている時は、ローマに平穏が訪れていることを表しました。


 裏面にはクァドリガ(四頭立て馬戦車)に乗る大神ジュピター(ユーピテル)が表現されています。ジュピター神は左手で王笏を支え、右手で雷霆(ケラウノス)を振りかざしています。その傍らには、クァドリガの手綱を握る勝利の女神ヴィクトリーが控えています。
 下部には、発行都市ローマを示す「ROMA」の銘が刻まれています。2200年を経た現在でも、読み取ることができるほどの明瞭な陰刻銘です。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ