アンティーク金貨特集:北アメリカ

アメリカ合衆国やカナダ、メキシコなど北アメリカ大陸の国々では、数多くの民間銀行が銀行券を発行し、同じ国の中でも様々な紙幣が使用されていました。

広大な国土で、共通の価値を保ったのは政府が発行する「金貨」でした。 19世紀、ゴールドラッシュや西部開拓によって金鉱脈が新たに発見されると、アメリカでは大量の金貨が製造されるようになります。


国王や皇帝がいないアメリカでは、金貨の表面には自由の女神リバティ、裏面には国鳥であるハクトウワシが表現されました。


アンティーク金貨特集:北アメリカ

20世紀になると、よりアメリカらしいデザインとして先住民インディアン(ネイティブ・アメリカン)をデザインするようになりました。

アメリカでは1934年の金準備法によって、その時点で全米の銀行が持っていた金貨が全て回収されています。 それ以前に発行されたアメリカの金貨は、ヨーロッパとは異なる雰囲気を持った素晴らしい芸術作品です。


アメリカの標準金貨

かつてアメリカでは10ドル金貨を「イーグル」愛称で呼び、それを基準として他の金貨も愛称で呼んでいたと云われます。

アンティーク金貨特集:北アメリカ
表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ