ローマ帝国 セプティミウス・セウェルス帝 コインペンダント

価格: ¥86,400 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:110125

発行国:
ローマ帝国政 
発行年:
AD195 
額面:
デナリウス 
金性:
AR (Silver) 
表面図柄:
セプティミウス・セウェルス帝 
裏面図柄:
軍神マルス立像  
サイズ:
17mm (コイン本体) 
重量:
3.09g 
枠素材:
SV925 

 ローマ帝政時代のコインを用いた、本格的古代コインペンダント。打ち出しデザインのC型枠で古代の雰囲気を演出し、コインをより際立たせています。バチカン(チェーンを通す管部分)には麦穂のデザインをあしらいました。

 表面にはセプティミウス・セウェルス帝の肖像が打ち出されています。セプティミウス・セウェルス帝はローマ史上初のアフリカ出身皇帝であり、セウェルス朝の創始者です。皇后は有名なユリア・ドムナで、カラカラ帝・ゲタ帝兄弟の母親です。セプティミウス・セウェルス帝は、別名「建設者セウェルス帝」ともいわれ、北アフリカをはじめとする属州や首都ローマに数々の建造物を建設しました。軍人時代からセウェルスは自らの政敵に対して容赦なく、残忍で無慈悲な皇帝として恐れられましたが、自ら帝国の各地に遠征し、ローマ帝国の秩序を回復・維持した武帝として評価されています。

 かつて、ヨーロッパからアラビア半島、アフリカ、中央アジア、南アジアに至る広い地域の各地では、古いコインをペンダントにして身に着ける風習がありました。その形成は古代ギリシャ時代から存在したと考えられており、遺跡や古代の墓から発掘されるコインには、ペンダント用の孔が空けられた跡が見られるものも多々確認されます。コインには神や特徴的動物といった「縁起物」が多く表現されていたことから、古代の人々は自らに所縁あるモティーフが打たれたコインを「御守り」として肌身離さず持ち続けていたと考えられます。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ