ローマ帝国 ゲタ帝 コインペンダント

価格: ¥44,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:110063

発行国:
ローマ帝国政 
発行年:
AD211 
額面:
デナリウス 
金性:
AR (Silver) 
表面図柄:
ゲタ帝 
裏面図柄:
ミネルヴァ女神立像 
サイズ:
17mm×18mm 
重量:
3.7g (コイン本体) 
加工素材:
Silver 

 セウェルス朝時代の古代ローマ帝国で発行されたデナリウス銀貨を、個性あふれるコインペンダントにしました。
五芒星型の爪止めによって、表面はコインを引き立て、裏面は独自デザインを際立たせています。

 ゲタは兄であるカラカラと共に皇帝位を継承しましたが、兄弟間の対立によって殺害された悲劇の皇帝です。ゲタの肖像が刻まれたコインは、その死後カラカラ帝によって多くが回収・破壊されたと伝えられています。古代ローマ史の一場面を物語る、歴史的に貴重なコインです。


 189年にセプティミウス・セウェルス帝とユリア・ドムナ妃の間に生まれたゲタは、一歳年上の兄であるカラカラに次ぐ地位を与えられ、211年に父帝が崩御すると兄の共同統治帝として即位しました。
 しかし兄との関係は即位前から非常に悪く、即位後も反目し続けていました。共に帝位に就いてからわずか数ヶ月で兄弟は半ば絶縁状態となり、互いの毒殺や帝国の分割までも目論まれるようになりました。兄弟間の対立に心を痛めた母ユリア・ドムナは仲介を試みますが、その席でカラカラは刺客を差し向けて弟を殺害しました。

Geta.jpg

           ゲタの最期  (ジャック=オーギュスタン=カトリーヌ・パジュー作)


 母親に抱かれながら息絶えたゲタは、わずか10ヶ月の帝位を終え、その後は兄カラカラ帝による記録の抹消が断行されました。歴史家カッシウス・ディオの記述によれば、カラカラ帝はゲタの支持者と見做した人々を悉く粛清、さらに弟の彫像を次々に破壊し、それを支えていた土台の石にすら怒りをぶつけたとされます。碑文や壁画からもゲタの名や肖像が削除され、ゲタの肖像が刻まれた貨幣さえも回収し、それらをすっかり鋳潰してしまったと伝えています。


※シルバーチェーン(45cm)付属
※ティアラ・インターナショナル株式会社発行『コイン保証書』付属


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

ショップコンセプト2021

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

2k540

ページトップへ