ネロ帝/アポロ神

価格: ¥55,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:108166

発行国:
ローマ帝国政 
地方名:
エジプト属州 
造幣都市:
アレクサンドリア 
発行年:
AD67-AD68 
額面:
テトラドラクマ 
金性:
Billon(低品位の銀) 
表面図柄:
ネロ帝 
裏面図柄:
アポロ神 
サイズ:
25mm 
重量:
13.20g 
資料:
RC2015/RPC5317  
状態:
VF 

 1世紀半ば、ローマ帝国支配下の古代エジプトで発行されたテトラドラクマ銀貨。テトラドラクマは4ドラクマを表し、エジプト属州内のみでの流通を想定したコインでした。中型のコインですが銀はほとんど含まれておらず、当時はローマのデナリウス銀貨一枚が、このテトラドラクマ銀貨一枚に相当したと考えられています。

 表面には当時のローマ皇帝ネロの横顔肖像、裏面には光明の美男神アポロが表現されています。アポロは古代ギリシャの神であり、エジプトから見れば外来の神でした。しかしプトレマイオス朝からローマ帝国の時代を経て、ギリシャ・ローマ文化がエジプトに定着していたとみられます。特に詩歌・音楽を好んだネロ帝は芸術の神アポロを崇敬していたことから、コインの両面に表現されたものと考えられます。


 ギリシャ系のプトレマイオス王朝を経てローマ帝国の支配下に入ったエジプトでは、急速に社会・文化のローマ化が進んでいました。ミイラの文化など、信仰面では独自性を保っていましたが、穀物を生産する豊かな属州の一つとして市民生活の文化水準は高く、ローマの伝統や文化も上手く取り入れられていました。こうした異文化の融合は、当時のエジプト市民の間で使われていたコインのデザインにも表れています。

    Mummyportrait.jpgMummyportrait2.jpgMummyportrait4.jpg

同時代のエジプトで造られた「ミイラ肖像画」。包帯で巻いたミイラの顔部分に置かれました。この頃には伝統的なマスクではなく、故人の生前の容姿を活き活きと描いたものが流行していました。ローマ帝国時代のエジプト人の服装や髪型、装飾、化粧などを今に伝えています。この頃から既に、人々の容姿もローマ風になっていたことが分かります。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ