ローマ神/狼とロムルスとレムス兄弟

価格: ¥33,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:106483

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
アウグスタ・トレヴェロールム 
発行年:
AD332-AD333 
額面:
センテニオナリス 
金性:
AE 
表面図柄:
ローマ神 
裏面図柄:
狼とロムルスとレムス兄弟 
サイズ:
18mm 
重量:
2.33g 
資料:
RC16488 
状態:
VF+ 

 4世紀、コンスタンティヌス大帝 (正帝在位:AD312年~AD337年)の時代に造られた小型のフォリス貨。このコインはゲルマニア地方の植民都市 アウグスタ・トレヴェロールム(トリーア)で造られました。
 同タイプの小型銅貨は、コンスタンティヌス大帝による新都コンスタンティノポリス建設を記念したものとされ、新都が建設されたAD330年から大帝が崩御するAD337年にかけて、ローマ帝国内の各主要都市で多く発行されました。

 表面には、兜を被った守護女神 ローマの胸像が打ち出されています。左右には「VRBS ROMA (都市ローマ)」の銘が確認できます。


 裏面には、ローマ建国神話に登場する雌狼と、その母乳を飲むロムルス&レムス兄弟が刻まれてます。上部には二つの星が刻まれており、夜中の情景であることを示しています。

            RomalusRemus.jpg


 ロムルスはローマ建国者として知られ、またローマの伝説上の初代王として都市名の由来にもなりました。ロムルスとレムスは軍神マルスとラティウムの王女の間に生まれた双子の兄弟とされます。しかしその後、王位を簒奪したアムリウスによってテヴェレ川に流されました。そして岸に流れ着いたとき、一匹の雌狼が現われ、この幼い双子に自らの母乳を与えて飢えをしのがせたと伝えられています。


       Romulus.jpg

 この伝説はローマ建国の象徴的エピソードとして広く知られ、後の時代を通してローマの礎であり起源、または象徴として捉えられてきました。このコインが発行された時代、既に帝国の中心都市は新たな都市へ分散され、都市ローマの重要性は低下していました。しかしこのモティーフはローマ人の精神的原点として、コインやレリーフに表現され続けたのです。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

2k540

ページトップへ