古代ローマ デナリウス銀貨 アポロ神とマルシュアース

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:210802

発行国:
ローマ共和政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
BC82 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
アポロ神 
裏図柄:
サテュロス「マルシュアース」 
サイズ:
17mm 
重 量:
3.89g 
資 料:
RRC363.1d / RC281 
状 態:
VF toned 

 紀元前1世紀の古代ローマで発行されたデナリウス銀貨。
 表面には月桂冠を戴く光明の美男神 アポロの横顔像、裏面には右手を挙げるサテュロス 「マルシュアース」の立像が表現されています。ギリシャ神話に登場するマルシュアースという名のサテュロスは、アポロ神と音楽対決を行ったために、悲劇的な結末を迎えたことで知られています。

 ある時マルシュアースが森を彷徨っていると、二本管の笛を見つけます。マルシュアースがその笛を奏でてみると、他のサテュロスや妖精たちが褒め称えるほどの腕前でした。実はその笛は知恵の女神アテナが作ったもので、拾った者に災いが降りかかるようにとの呪いがかけてありました。

 音楽の神アポロはマルシュアースと腕前を競おうと、ムーサ(ミューズ)の女神たちを審判者として音楽合戦を提案します。マルシュアースは笛、アポロ神は竪琴を奏で、結果はマルシュアースが僅差で優勢に成りました。するとアポロ神は竪琴をひっくり返して演奏をはじめ、笛では同じことはできないとして判定を覆してしまったのです。

 マルシュアースは反則だとして抗議しましたが、結局アポロ神の勝利となってしまいました。勝者は敗者に何をしても良いと決められていたため、アポロ神はマルシュアースに生きながらにしての皮剥ぎを命じたのでした。

    Apollo.jpg

 この名場面は美しいアポロ神と醜いサテュロスの対比として、またアポロ神の冷酷さや身勝手さを表す場面として、古来様々な美術品に表現されてきました。この人気のテーマは古代ローマでも知られ、ついにはコインのデザインにも採用されたのです。ギリシャ神話の世界観を表裏で表現した、興味深い古代コインです。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ