トレボニアヌス・ガッルス帝/ジュノー女神

価格: ¥11,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:692009

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
アンティオキア 
発行年:
AD251-AD253 
額 面:
アントニニアヌス 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
トレボニアヌス・ガッルス帝 
裏図柄:
ジュノー女神坐像 
サイズ:
21.5mm 
重 量:
3.88g 
資 料:
RIC83/RSC47var 
状 態:
VF- 

 3世紀半ばの古代ローマ帝国で発行されたアントニニアヌス銀貨。東方のシリア属州の都市 アンティキアに設置された造幣所で造られました。

 表面には、光の冠を戴く皇帝トレボニアヌス・ガッルス(在位:AD251年~AD253年)の肖像が打ち出されています。トレボニアヌス・ガッルスはローマ軍人皇帝の一人であり、ゴート人との戦いの後、屈辱的な講和条約を結んだことで批判されました。


 裏面には玉座に腰掛けるジュノー(ユノー)女神像が表現されています。長衣を纏い、左手で細長い王笏を携える威厳にあふれた姿です。

 ジュノーは最高位の女神であり、多くの女神達を従える姿で表現されてます。時には王笏を手にし、自らの聖鳥である「孔雀」を引き連れた堂々たる姿で表現されることもあります。こうした力強いジュノーの姿と権威は、社会的地位の低かった現実の古代ローマ社会の女性達にとって心強い味方でもありました。6月はジュノー女神の月とされ、英名の「June」は女神の名前に由来しています。この月に結婚式を挙げた花嫁はジュノー女神の加護を受けられるとして、現在にも続く「ジューンブライド(六月の花嫁)」伝説が生まれたのです。

    Junoandruna.jpg

                      天上のジュノー女神
        豪華な御車に乗り、二羽の孔雀に引かせた姿。先導役を務めるのは月の女神ルナ。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

2k540

ページトップへ