ゴルディアヌス3世/ジュピター神

通常価格: ¥17,600(税込)
10% OFF: ¥15,840 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:691958

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD241-AD243 
額 面:
アントニニアヌス 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
ゴルディアヌス3世 
裏図柄:
ジュピター神立像 
サイズ:
22.5mm 
重 量:
4.56g 
資 料:
RC8615/RSC109/RIC84 
状 態:
VF toned 

 ゴルディアヌス3世(在位:AD238年~AD244年)の治世末に発行されたアントニニアヌス銀貨。アントニニアヌス貨は名目上、デナリウス銀貨2枚の価値に相当するとされたが、実際には銀の含有率が10%以下であり、物価の高騰も相まって実質的な価値は低かったと考えられている。


 ゴルディアヌス3世(在位:AD238年~AD244年)はアフリカ属州で皇帝宣言を行ったゴルディアヌス1世の孫。即位時の若さとローマ名門出身という血統の正しさから、元老院によって擁立される。側近ミシテウスの補佐に助けられながら統治を行ったが、ササン朝ペルシアとの戦いの陣中 ユーフラテス河近くで最期を遂げた。


 ゴルディアヌス3世はわずか13歳で混乱するローマ帝国の皇帝に即位した。祖父はアフリカ属州の総督(※現在のチュニジア)であったゴルディアヌス1世であり、当地において皇帝即位を宣言したが、わずか36日で政敵に殺害された。短命に終わった祖父の治世とは異なり、ゴルディアヌス3世は6年にわたって帝位に就いていた。その間、祖父が着工したアフリカ属州 エル・ジェムの闘技場建設を完成させるなどの功績も残した。

 AD244年、ペルシア軍との戦いによって19歳の若さで戦死したゴルディアヌス3世は、多くのローマ市民から惜しまれ、後に神格化された。彼の祖父が着工し、ゴルディアヌス3世が完成させたエル・ジェム闘技場は良好な保存状態を保ち、ローマ帝国後期の栄華をいまに伝えている。現在、エル・ジェム闘技場は世界文化遺産に登録され、チュニジアの主要観光名跡の一つになっている。



 裏面には大神ジュピター(ユーピテル)が表現されている。裸のジュピター神は右手で槍を支え、左手でケラウノス(雷)を持っている。周囲に配された「IOVIS STATOR (イオウィス・スタトール)」銘は「支えるジュピター」を意味し、兵士の脱走を防ぎ不退転の勇気をもたらすとされた。6月27日と9月5日が祝祭日とされる。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

facebook

instagram

2k540

ページトップへ