ヘリオス神/バラ

価格: ¥75,600 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:687197

発行国:
古代ギリシャ 
地方名:
ロードス島 
都市:
ロードス 
発行年:
BC387-BC304 
額面:
ディドラクマ 
金性:
AR (Silver) 
表面図柄:
ヘリオス神 
裏面図柄:
バラ 
サイズ:
19.5mm 
重量:
6.5g 
資料:
Sear5038var 
状態:
VF toned 

 紀元前4世紀のロードス島で発行されたディドラクマ銀貨。ディドラクマは『2ドラクマ」を意味し、小さなドラクマ銀貨から4ドラクマ銀貨まで同じモティーフが刻まれました。

 後にこのタイプの銀貨は、中世のドイツで「ユダがイエス・キリストを裏切った時に受け取った銀貨」として売られていました。
 表面に刻まれた「後光をたたえる長髪の太陽神ヘリオス」の姿が、「茨の冠を被らされたイエス・キリスト」として認識され、ヴェネツィアの商人などがドイツ方面の教会に売り込んだと考えられています。裏面のバラの花もその認識を補強し、持ち込まれた教会では「聖遺物」の宝物として大切に保存されました。


 エーゲ海に位置するロードス島は太陽神ヘリオスに捧げられた島と云われ、この島中に咲き誇り、太陽神も気に入ったとされるバラの花が象徴とされます。英語名ではそのまま「ローズ島」とも呼ばれているほどです。

 ヘレニズム時代、ロードス島はプトレマイオス朝エジプトの庇護を受けながら、エーゲ海貿易の拠点として繁栄しました。ヘリオス神バラを表現したロードス島のコインは各地で受け入れられ、ヘリオス神の美しい正面像から人気があります。

 ロードス島のヘリオス神に対する思い入れは強く、世界七不思議にも数えられた「ロードスの巨象」は太陽神ヘリオスを表現したものでした。このコインが造られたと同時期のBC284年に完成したヘリオス像は、交易港の入り口を跨ぐようにして建てられ、灯台の役割も果たしたとされています。

        Helios.jpg

                  ロードス島の巨大へリオス神 (想像図)

 伝承によれば高さ50mにも及ぶ巨象であり、当時の世界でも最高建築のひとつでしたが、BC226年の大地震によって倒壊し、後にその残骸すら跡形も無く撤去されました。このコインはまだ巨大ヘリオス像がロードスの港に聳え立っていた頃、ロードス島の華やかな時代に造られた遺産です。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ