コンモドゥス帝/ヘラクレスの棍棒

価格: ¥66,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:250174

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD192 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
コンモドゥス帝 
裏図柄:
ヘラクレスの棍棒 
サイズ:
17.5mm 
重 量:
3.53g 
資 料:
RSC190/RIC III 251 
状 態:
VF- 

 コンモドゥス帝(在位:AD180年~AD192年)はマルクス・アウレリウス帝の息子として帝位を継承しました。
 しかし哲人皇帝と呼ばれ、五賢帝の一人として誉れ高かった父帝とは異なり、コンモドゥスは誇大妄想の強い危険な君主でした。彼は剣闘士に強い憧れを抱き、自らを「ローマのヘラクレス」と称して剣闘士試合にも出場しました。
また帝都ローマを「コロニア・コンモディアナ(コンモドゥスの都の意)」と改称し、1年の月の名称を全て自らが決めた月名に変えるよう命じたと伝えられます。

 あまりにも父帝と性格の異なるこの暴君は、皇妃ファウスティナと剣闘士との不義密通によって生まれた子、とも噂されました。しかしマルクス・アウレリウス帝は存命中からこの息子の将来に期待し、名目上の「共同統治帝」に格上げしたほどでした。死の床にある時にも側近や臣下に対して、息子コンモドゥスを助けるように伝えたと云われます。

 ところが帝位に就いたコンモドゥスは、従来以上に奇行を目立たせるようになり、政治に対しても無関心であり続けました。結果的にコンモドゥス帝は元老院に離反され、愛人と近衛兵の手によって暗殺され壮絶な最期を遂げました。

        mjt.jpg

              ヘラクレス風のコンモドゥス帝 (エスクィリーノ美術館)

父帝と良く似た容姿ですが、目が虚ろで夢想しているような姿が特徴的です。その姿は当時発行されていたコインにも明確に表現されています。


 このコインはコンモドゥス帝が暗殺されたAD192年、治世最後の年に発行されたものです。この頃になるとコンモドゥスの狂気はその度合いを深め、普段からライオンの毛皮を被ったヘラクレスの扮装をして公の場に登場するようになります。その姿はとうとう公式に発行されたコインにも表現されました。自らをヘラクレスの姿で表現させたのは、古代マケドニア王国のアレキサンダー大王が有名ですが、コンモドゥスも古の英雄にあやかったのかも知れません。

 表面にはライオンの毛皮を被り、ヘラクレスに扮するコンモドゥス帝の横顔肖像、裏面にはヘラクレスの武器である棍棒が表現されています。棍棒はコンモドゥスが剣闘士試合に出場した際に好んで使用した武器でもあり、コインには「HERCVL ROMAN AVGV (ヘラクレス ローマの皇帝)」の銘文が刻まれています。このコンモドゥス=ヘラクレス=剣闘士スタイルのコインは、治世最後の年になったAD192年のみに登場したものであり、長いローマコインの歴史上における極めて異質な存在として知られています。それはローマの歴史上にとっても、異常な時代であったことの象徴的存在となりました。

 自らを神の姿でコインに表現させることはローマでは極めて異例であり、結果的に皇帝が常軌を逸している様を象徴することなりました。この時点で近臣たちも皇帝の異常性に恐怖し、暴君を取り除く暗殺計画を実行させることになったのです。

 しかし、コンモドゥス帝の治世によってローマ帝国の最盛期「五賢帝時代」は終わりを告げ、その後は政治的混乱が長く続くことになります。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出勤日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ