アントニニアヌス銀貨 カラカラ帝/セラピス神

価格: ¥32,400 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:239063

発行国:
ローマ帝国政 
造幣都市:
ローマ 
発行年:
AD216 
額 面:
アントニニアヌス 
金 性:
AR(Silver) 
表図柄:
カラカラ帝 
裏図柄:
セラピス神立像 
サイズ:
23mm 
重 量:
5.15g 
資 料:
RIC IV 280d/RSC349a 
状 態:
VF+ 

 カラカラ帝の治世末に発行されたアントニニアヌス銀貨このコインはカラカラ帝による通貨改革によって初めて発行され、名目上はデナリウス銀貨2枚分の価値があるとされていました。
 3世紀中のローマ帝国で盛んに発行されるアントニニアヌス銀貨は、このカラカラ帝によって初めて発行された単位のコインでした。なお、「アントニニアヌス」とは後世の貨幣学上の通称であり、カラカラ帝の本名「アントニヌス」から名付けられました。そのため、この当時何と呼ばれていたかは分かっていません。

 重量は通常のデナリウス銀貨より重い点や、直径が明らかに大きくなっている点、また皇帝肖像が月桂冠ではなく「光の冠」と呼ばれる独特な冠を戴いている点が特徴です。その後ローマ帝国の財政が悪化するにつれ、アントニニアヌス銀貨は発行数を増大させると共に、銀の含有率は年々減らされていきました。3世紀の後期になる頃にはほとんど青銅によって作られ、その上から銀のメッキをかけて銀貨のようにみせるという有様でした。

 このカラカラ帝のアントニニアヌス銀貨では、発行開始初期ということもあってか、まだ銀の含有率もそこまで低くなく、皇帝の肖像も本人に似せて細かく、しっかりとしたコインです。名目上とはいえ、デナリウス銀貨2枚分の価値に違わない立派な銀貨を発行していたことが伺えます。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ