キリキア・アルメニア王国 13世紀 トラム銀貨 ザベル女王とヘトゥム1世

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:207789

発行国:
キリキア・アルメニア王国(小アルメニア王国) 
発行年:
1226-1270 
額 面:
トラム 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
ライオン 
裏図柄:
ザベル女王とヘトゥム1世 
サイズ:
22mm 
重 量:
3.02g 
状 態:
EF- toned 

 キリキア・アルメニア王国(または小アルメニア王国とも)は、小アジア南部のキリキア地方に移住したアルメニア人によって建設されたキリスト教王国。ビザンチン帝国の領土だったキリキアはシリアに隣接し、ビザンチン帝国とイスラーム帝国の間に位置していました。両軍の戦いによってビザンチン帝国の支配が弱まったキリキアは、移住アルメニア人が支配するようになり、やがて中近東に侵攻した十字軍と同盟することで勢力を拡大しました。

 裏面にはキリキア・アルメニアの共同統治者であったザベル女王(在位:1219年~1252年)と、夫ヘトゥム1世が表現されています。左側に跪くザベル女王、右側にヘトゥム1世が立ち、二人で十字架を支えています。
 ザベル女王は王家の正統な血筋として、わずか7歳で女王に即位しましたが、実権は摂政によって握られていました。摂政は拒絶するザベルを監禁し、息子のヘトゥムと強制的に結婚させることで王国を乗っ取ることに成功します。

 女王との結婚によって王となったヘトゥム1世は、中東へ侵攻してきたモンゴル帝国軍と手を結び、さらなる勢力拡大を図りましたが、エジプトとの長い戦いによってかえって国力を衰退させ、1269年に退位しました。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ