• output.gif

アウグストゥス帝/テュケ女神&河神オロンテス

価格: ¥162,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:227954

発行国:
ローマ帝国政 
地方名:
シリア属州 
都 市:
アンティオキア 
発行年:
BC4-BC3 
額 面:
テトラドラクマ 
金 性:
AR (Silver) 
表図柄:
アウグストゥス帝 
裏図柄:
テュケ女神&河神オロンテス 
サイズ:
26mm 
重 量:
13.85g 
資 料:
GIC106var 
状 態:
VF+ toned 

 初代皇帝アウグストゥス治世下の古代ローマ帝国が統治した、シリア属州の首都アンティオキアで造られた銀貨。
テトラドラクマは「4ドラクマ」を意味し、当時の東方地域で使用されていたギリシャの幣制を採用しています。両面の刻印はしっかりと残され、全体に濃いトーンがかかった良好な状態です。


 表面には月桂冠を戴くアウグストゥス帝(在位:BC27年~AD14年)の肖像が打ち出されています。アウグストゥス帝は76歳で崩御するまで帝位にありましたが、その間に発行されたコインは全て30歳代の若い肖像が刻まれました。ローマ本国だけでなく、属州で発行されたコインも例外ではありませんでした。

 裏面には幸運の女神テュケと、河神オロンテスが表現されています。オロンテス川はアンティオキアの北側を流れる川であり、当時はこの川の流域に主要な都市が築かれていました。現在のシリアでは「アシ川」と呼ばれています。
 テュケは東方で特に信仰された神のひとつであり、ローマでは「フォルトゥーナ」の名で知られました。このコインでは城塞冠を被り、手には椰子の枝葉を持っています。足元には、オンテロス神が河を泳いでいます。

          tycheantioch.jpg

               アンティオキアのテュケ (ヴァチカン美術館所蔵)

 アンティオキア市の守護女神としてのテュケ女神を表現した大理石像。このコインのデザインと同じく、城壁冠を戴くテュケ女神が座し、片手で椰子の枝葉を持っている。足下に河神オンテロスが泳ぐ姿も同様の構図。この組み合わせやモティーフが、当時のアンティオキア市では象徴的なものとして一般化していたことが分かる。本作はローマ時代に製作された再現品であり、紀元前3世紀にエウテュキデスが作成したブロンズ像を基にして製作された。



 アウグストゥス帝の治世は栄光と繁栄に満ちたものとして、後の皇帝や歴史家から「理想の統治像」として憧れを集めました。属州をはじめ、多種多様な民族や文化を抱えるローマ帝国は、アウグストゥス帝の巧みな統治の下、システム化されて効率よく統治されていました。このコインは、アウグストゥス帝治世下のローマ帝国の多様性を物語る遺物として、歴史的な価値があります。

    avgvstvs.jpg

                      『アウグストゥスの世紀』


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ