ローマ神/ビガのヴィクトリー神と猛獣を討つ剣闘士

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:226780

発行国:
ローマ共和政 
発行年:
BC128 
額 面:
デナリウス 
金 性:
AR (Silver) 
資 料:
RSC Domitia 14/RC137 
表図柄:
ローマ神 
裏図柄:
ビガのヴィクトリー神&ライオンと戦う剣闘士 
サイズ:
18.6mm×20mm 
重 量:
3.87g 
状 態:
VF 

 紀元前2世紀、共和政時代の古代ローマで発行されたデナリウス銀貨。

 表面には翼付き兜を被ったローマの守護女神像が打ち出されています。その左側には麦穂、顎下には「XVI」のモノグラム銘が刻まれています。このモノグラム銘は当時のデナリウス銀貨一枚が、アス銅貨16枚の価値に相当したことを示しています。

 裏面にはビガ(二頭立て馬戦車)を駆ける勝利の女神ヴィクトリー(ウィクトリア)が表現されています。上部には発行都市ローマを示す「ROMA」銘が刻まれています。
 画面の奥には、猛獣と戦う剣闘士の姿が確認できます。今にも飛び掛ろうとするライオンを槍で迎え撃つ、迫力ある一瞬の場面です。古代ローマでは剣闘士試合が市民の間で流行していました。生死を賭けた流血の試合は、ローマ市民にとって最も興奮する娯楽の一つであり、為政者はその提供を重要な施策のひとつと捉えていました。
 剣闘士同士の戦いだけでなく、属州や異国から連れてきた珍獣や猛獣も際立った見世物でした。特に剣闘士と猛獣の決死の戦いは人気があり、多くのライオンや豹がローマに連れてこられては消費されていったのです。猛獣と戦う専門の剣闘士は「ベスティアリイ(闘獣士)」と称され、長槍を持って猛獣と戦う姿が当時の壁画やモザイクなどに残されています。

        bestiarii_1.jpg

    bestiarii_2.jpg


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ