• output.gif

古代マケドニア王国 スターテル金貨 アポロ神/ビガ

価格: ¥810,000 (税込)
数量:
在庫:

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:225059

発行国:
古代ギリシャ 
地方名:
マケドニア王国 
都 市:
ペラ 
発行年:
BC323-BC315 
額 面:
スターテル 
金 性:
AV(Gold) 
表図柄:
アポロ神 
裏図柄:
ビガ 
サイズ:
18mm 
重 量:
8.54g 
状 態:
VF 

 紀元前4世紀の古代マケドニア王国で発行されたスターテル金貨。この金貨はフィリッポス3世の治世下、宮廷が置かれていた古代都市 ペラの造幣所で造られました。このスターテル金貨の意匠は、先々代の王 フィリッポス2世が発行した金貨をそのまま踏襲しています。

 金貨の表面には、月桂冠を戴く光明神 アポロの横顔像が打ち出されています。当時、マケドニア王国はアポロの神託で知られるデルフォイの隣保同盟に二議席を有していました。金貨の表面に表現されたアポロ神は、マケドニア王が神によって庇護されていることを示すと共に、王国の権威を高める意匠でもありました。

 裏面には疾走するビガ (二頭立て馬戦車)が表現されています。下部には発行者フィリッポスの名銘「ΦΙΛΙΠΠΟΥ」が刻まれています。このデザインはBC352年(またはBC348年)のオリンピア競技祭で、マケドニアの選手が戦車競走で優勝した場面を表現しているとされます。



 Empireofalexander.jpg

                   マケドニア王国の最大領域版図

 このスターテル金貨が発行された頃、マケドニア王国の版図はトラキアやギリシャ、エーゲ海域などを遥かに超え、小アジア、エジプト、ペルシア、インドにまで至る広大なものになっていました。アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世)の東方遠征によって世界帝国となったマケドニアは、活発な軍事活動に伴い大量の金貨銀貨を必要とし、各都市の造幣所で製造が行われました。パンガイオン鉱山から産出される豊富な金と、東方遠征によってもたらされた戦利品によって、良質なスターテル金貨やドラクマ銀貨を発行、流通させることが可能になったのです。

 このスターテル金貨は、強大国となったマケドニア王国の富と権勢の証であり、2300年前の黄金の輝きを保っている貴重な宝物です。古代王国の最盛期に造られた、繁栄の名残といえる金貨です。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ