古代マケドニア王国 スターテル金貨 アテナ女神/ニケ女神

価格: ¥0 (税込)
数量:
在庫: ×

btn_bookmark250new.png btn_bookmark250gray.png

twitter

商品番号:223239

発行国:
古代ギリシャ 
地方名:
マケドニア王国 
都 市:
アビドス 
発行年:
BC323-BC317 
額 面:
スターテル 
金 性:
AV (Gold) 
表図柄:
アテナ女神 
裏図柄:
ニケ女神立像 
サイズ:
18mm 
重 量:
8.58g 
資 料:
Price P30 
状 態:
EF- 

 紀元前4世紀の古代マケドニア王国で発行されたスターテル金貨。この金貨はフィリッポス3世の治世下、小アジア西部の古代都市アビドスで造られました。両面共に繊細に打ち出され、細部まで残されている大変美しい状態です。

 アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世 在位:BC336年~BC323年)によって発行されたこのタイプのスターテル金貨は、大王による東方遠征の際、戦功をあげた部下に下賜するための軍資金として用いられました。その後ペルシアを征服した際に大量の金を戦利品として得、各都市でこの金貨を造らせたのです。大王亡き後、帝国が部下達によって分割された後もこのスターテル金貨は各都市で造られ続けました。

 Empireofalexander.jpg

                   マケドニア王国の最大領域版図



 コインの表面には、知恵と戦術の女神 アテナの横顔像が打ち出されています。頭部に被ったコリント式兜の側面には大蛇の姿が刻まれ、下からはアテナ女神の美しい巻毛が垂らされています。女神の表情は写実的、理想的であり、優しい印象を与える造形美です。

      athena.jpg

                   アテナ女神像 (紀元前4世紀 青銅)

 アテナは知恵と戦術を司る女神とされ、西洋では叡智の象徴とされてきました。古代ギリシャ時代には「武神」としての性格が強調され、特にアレキサンダー大王の時代にはその傾向が顕著でした。当時のコインにも、ヘレニズム時代の様式と思想が反映されています。


 裏面には勝利の女神 ニケが表現されています。背翼を広げた女神は左手で軍船のマストを携え、右手で月桂冠を掲げています。右側には発行者フィリッポス王の名銘「ΦΙΛΙΠΠΟΥ」が刻まれています。


 

商品検索

商品カテゴリ

NEW 新入荷コインのご案内

NEW 新製品のご案内

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お探しコイン

お探しコイン 問い合わせフォーム

バナー

一万円以上お買い上げのお客様 送料無料

コインケース保証書

無料ラッピング受付中 GIFT Wrapping

フジタクブログ

twitter

2k540

ページトップへ